瀬戸SOLAN小学校 LCA国際小学校の提携校です

LCA国際小学校の提携校です

Facility Introduction施設紹介

HOME > 学校紹介 > 施設紹介

360°バーチャル小学校瀬戸SOLAN小学校の施設紹介

瀬戸SOLAN小学校の校舎は、瀬戸市立本山中学校の跡地を利用し、世界的な建築家である手塚貴晴氏によるデザインで新しく生まれ変わりました。壁を少なくしつつ吸音にも配慮した教室や、ゆったりくつろぎながら話し合えるラーニングコモンズ等、豊かな学びを支える建築となりました。

教室をみる

1.教室

天井高も高く、ドアの代わりに可動式のホワイトボードとカーテンで仕切られた教室は、仕切りがなく開かれた開放的な空間です。

詳しく見る

2.人工芝のグラウンド

校舎の前に広がるグラウンドは、全面人工芝で、照明やバックスタンドも設置されています。子どもたちが伸び伸びと運動出来ることはもちろん。地域の皆様にもご活用頂いています。

詳しく見る

3.体育館

大人サイズのバスケットコートが2面とれる大きな体育館を完備しており、雨天の体育はもちろん、休み時間も室内で遊ぶ事が可能です。

詳しく見る

4.アレキサンドリア

アレキサンドリアは、SOLAN小学校の図書館です。所蔵図書は、ICタグによって管理され、子どもたちの学びに応じて校内の様々な場所に設置され、自由に閲覧する事が可能です。

詳しく見る

5.ダヴィンチラボ

ものづくりのための場所です。工作的なものから、ビデオなどを使った映像編集、3Dプリンタを使った造形まで、様々なものづくりを行うことができます。

詳しく見る

6.ソクラテスラボ

ゆったりと思索するための場所です。思考するためにはそれに適した環境が必要です

詳しく見る

7.ラーニングセントラル

ラーニングコモンズ中央の広い空間です。何もないからこそ、何にでもなる。ここで学ぶ子ども達が、自ら学びに応じて使い方を考えていきます。 天窓からは太陽光が降り注ぐ明るい空間になります。

詳しく見る

8.音楽室

ラーニングセントラルにも接続している音楽室。壁の角度を調整し、壁からの反響が少なくなるように設計されています。楽器のカホンを子ども達の椅子にすることで、いつでも音楽に触れらる環境を作り出しています。

詳しく見る

9.コルドンブルー

調理を通した学びと交流の場所です。高学年の家庭科の時間はもちろん、活用型のプロジェクト学習でも、「作る」、「食べる」という活動は多くの学びを生み出します。

詳しく見る